« フォアグラのマーブル仕立て | トップページ | 年末年始の非日常 »

2008年1月 2日 (水)

銀塩フィルムの明日

B08010004

B08010005

写真好きの人たちが集ると、必ずといっていいほど、

話題になるのは銀塩フィルムの明日のことだ。

皆が口をそろえて言うには…

銀塩フィルム供給の継続を宣言した企業のその言を、

まったく信じていないということ。

利潤を追求する企業だから、事情が変われば、

前言をすぐ翻すだろうと思うのが、今の人情だろう。

そうだとすれば、その「宣言」はあまりに軽い。

筆者はそっちの方が気になる。

業界事情通の裏情報がまかり通り、疑心暗鬼になる。

フィルムを供給する企業は本当の状況を率直に、

情報公開すべきなのだ。

このままでは、さらなる大幅値上げは避けられない…

それでも好転しなければ、企業としてどうするのか…

具体的なシュミレーションやタイムスケジュールを示して、

説明をする時がきているのではないか。

(写真 Caplio GX100)

|

« フォアグラのマーブル仕立て | トップページ | 年末年始の非日常 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/9689249

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩フィルムの明日:

« フォアグラのマーブル仕立て | トップページ | 年末年始の非日常 »