« 当事者の口は重い | トップページ | 桜の咎 »

2008年3月22日 (土)

Civet de Lievre a la Royale !

B08030030

「王様の野うさぎ料理」と呼ばれる、

野うさぎを赤ワインと血で煮込む料理。

この野うさぎは秋田から来た。

合わせるのは、

十分に熟成したブルゴーニュの赤に。

繊細で上品、しかも深みのある味わい。

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス 

ボーヌ プルミエクリュ トゥーロン 1979

Domaine Bouchard Pere & Fils Beaune 1er Cru “Teurons” 1979

1979年はグッドヴィンテージだった。

あの頃は、いったい、どこで、何をしていたのか…wine

(写真 EOS40D)

|

« 当事者の口は重い | トップページ | 桜の咎 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/11628944

この記事へのトラックバック一覧です: Civet de Lievre a la Royale !:

« 当事者の口は重い | トップページ | 桜の咎 »