« 勘助のイメージ(5) | トップページ | 信長ぎらい »

2008年4月18日 (金)

勘助のイメージ(6)

Rimg10176

ドラマや小説でよく知られる勘助の物語は、

甲陽軍鑑をもとにしている。

今のところ、勘助を知るには、

課題は多いものの、軍鑑によるしかないのだ。

見直されている軍鑑を、あらためて、注意深く読み直して、

勘助のイメージを追っていくと、興味は尽きない。

26才で本国(三河)を出て、武者修行。10年、諸国を遍歴放浪。

37才、駿河に。今川義元への仕官を望んで、

    滞在9年に及ぶが、叶わず。

44才、甲斐、武田信玄のもとへ呼ばれ、仕える。

    軍事、内政、信濃侵攻に功を挙げるが、

62才、川中島の戦いで戦死。

軍鑑よる、大まかな経歴だが、もとより誤りもある。

詳しく書かれるのは、駿河時代以降である。

でもそれは、悲しみをともなう始まりだ…

軍鑑による、勘助の風貌は、

「さんざんの醜男にて」「其の上目も一眼」「指もかなわず」

「足はちんばなり」…

従者を抱える余裕などなく、いつも一人で歩く…

今川家での評判は散々で、しかも、

当主の義元から憎まれ、蔑まれる。

いろいろと、都合よく臨時雇用で使われ続けて、結局9年…

本採用にはならなかった。

(写真 Caplio GX100)

|

« 勘助のイメージ(5) | トップページ | 信長ぎらい »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/20334242

この記事へのトラックバック一覧です: 勘助のイメージ(6):

« 勘助のイメージ(5) | トップページ | 信長ぎらい »