« 歴史感覚を研ぎ澄ます (2) | トップページ | エドさんの写真 »

2008年4月26日 (土)

“Pate en Croute de Canard” !

Img_0949

近頃、珍しい、エスコフィエばりの…

コテコテのフランス古典料理を再現してみた。

鴨とフォアグラのパイ包み・血のソース。

あわせるのは、

ドメーヌ・ドゥ・ヴュー・ラザレ シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ

Domaine du Vieux Lazaret Chateauneuf du Pape Ruoge 2005

やはり、古典的な造りのシャトーヌフの赤があう。

プルーンとスパイスを想わせる香味。力強い味わい。

(写真 EOS40D)

追記…

さっきのニュースで、中国がダライ・ラマと対話をするという。

フランスと聖火リレーの騒ぎでもめていたが、早くも手打ちのようだ。

サルコジ大統領も五輪開会式に出るだろう。

スピードと面子を保つ。

フランス外交のしたたかさを思う。

やはり、商売第一。

カルフールもあるけど、決め手はエアバスだなと、勝手に想像した。

ちょっと調べたら、

06年に過去最高の78機(エアバス総生産数の1/5)を、

中国に輸出。今年度以降、150機(一兆円超)の納入契約あり。

大規模な投資、合弁、現地生産計画始動もと。

どこかの国の政治家にも、煎じて飲ませたい気がするが、

さすがに、危険極まりないナショナリズムを、

煽ったり、なだめたり、弄ぶが如くのやり方にはね…

|

« 歴史感覚を研ぎ澄ます (2) | トップページ | エドさんの写真 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/20569494

この記事へのトラックバック一覧です: “Pate en Croute de Canard” !:

« 歴史感覚を研ぎ澄ます (2) | トップページ | エドさんの写真 »