« 足下から始める知的活動 | トップページ | 副都心線に乗ってみる »

2008年6月20日 (金)

カバーを裏返して…

Fh000013

昨日、紹介した「苔とあるく」(田中美穂著 WAVE出版)

言い忘れたけど、表紙カバー裏にちょっとしたプロットがある。

苔を踏む猫足…

そういえば、高校時代、参考書なんかの表紙カバーを、

ひっくり返して巻いて、白地にして使ったっけ。

同級生の目を気にした、言葉は適当ではないが、

まぁ、一種の恥じらいかな。

「白地じゃ、芸がないな」と思いながら、そのまま月日が経ち、

今、本書を手にして、やっと、その回答をもらった気がする。

本好きの、密かな悩みを見透かされたような。

著者は、なかなかの…

もとより、書店のカバーなんか無粋だ。

さっそく、カバーを裏返して楽しもう。

(写真上 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PRO400N)

|

« 足下から始める知的活動 | トップページ | 副都心線に乗ってみる »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/21748696

この記事へのトラックバック一覧です: カバーを裏返して…:

« 足下から始める知的活動 | トップページ | 副都心線に乗ってみる »