« そもそも、インパクトがね | トップページ | 虹の立つところ »

2008年7月 9日 (水)

新聞読むのがしんどい

Fh000017

このごろ、新聞読むのがしんどい。

記事がつまらないのだ。

朝刊も、夕刊も、開くと、

半日前に、ネットで目にした記事ばかりだ。

じゃあ、コラムはというと、

これが、一番つまらない。

書き手の「読ませたい」「伝えたい」という熱意が、

まったく感じられないし、

同ネタものが溢れている。

昔は、もうちょっと、何か、引っかかって、

エキサイトする文章があったような気がする。

まぁ、読み手も多少、年食ったせいもあるけど…

今でも、辛うじて役に立っている記事といえば、

文化面での、折々の投稿と芸術・各学会の動静、

日曜日の読書欄と出版社の広告、

各美術館・ギャラリーの展示案内、

社会面の死亡記事、

この中で読後に残るのは、決まって外部からの投稿だ。

このままだと、月々の購読料が、

経費節減の対象になってしまうのも致し方なしか。

大学生のころ、学内の図書館に、

その日の主要各紙、全国の地方紙が読める部屋があった。

地方出身者が多かったせいか、その部屋はいつも満員で、

熱気がこもり、皆、黙々と紙面に目を走らせていた。

そこが友との、待ち合わせと語らいの場だった。

いい時代だったのかな。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« そもそも、インパクトがね | トップページ | 虹の立つところ »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/22162609

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞読むのがしんどい:

« そもそも、インパクトがね | トップページ | 虹の立つところ »