« 「ベルビア」を見直す | トップページ | 黒いアゲハチョウ »

2008年7月 1日 (火)

ブナ林でみる夢

Fh000028_2

上高地の入り口、中の湯では、

エゾハルゼミの合唱が聞かれる季節になったという便りあり。

長い雨が一瞬止み、雲の切れ間から日が差して、

ブナ林で「コンサート」がはじまる。

その中に身をおくと、

何とも不思議で、懐かしい気分におそわれるのだ。

時が止まり、遠い昔へ引き戻されるような…

ふと、此処で、

永久の眠りに就けるなら、と想う時がある.。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 「ベルビア」を見直す | トップページ | 黒いアゲハチョウ »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/21992913

この記事へのトラックバック一覧です: ブナ林でみる夢:

« 「ベルビア」を見直す | トップページ | 黒いアゲハチョウ »