« ブナ林でみる夢 | トップページ | 女人禁制 »

2008年7月 2日 (水)

黒いアゲハチョウ

Rimg14159

Rimg14163

Rimg14177

一匹の黒いアゲハチョウが、

外へ逃れようと、窓ガラスの周りを、

しきりに飛び回る。

小学生の頃、近所に、

何十匹ものアゲハチョウが群集するスポットがあり、

捕虫網をもって、追い回したことがある。

すると、悪ガキの友のひとりが、真顔で、

「アゲハチョウは死んだ人の魂だから、捕っちゃいけない」

と言って、筆者を制止した。

ちょうど今日のような、初夏の晴れた昼下がりだった。

群集して乱舞するチョウを凶兆であると、

記すのは、吾妻鑑であったか。

アゲハチョウに強い呪性があったらしいのは、

平氏の家紋に使われたり、

甲冑などの武具に意匠されていたことからも窺える。

昆虫、特に飛翔する蝶や蛍を人の霊とみるのは、

中世世界に遡る感覚と言ってよいかもしれない。

あの頃の横浜・金沢では、たしかに、

まだ、子供にそう言って聞かす大人がいたのだ。

(写真 Caplio GX100)

|

« ブナ林でみる夢 | トップページ | 女人禁制 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/22014504

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いアゲハチョウ:

« ブナ林でみる夢 | トップページ | 女人禁制 »