« 静かな8月 | トップページ | 騒がしい8月はね… »

2008年8月 5日 (火)

永徳を見に…

Fh000005

上野の東博に行ったのは、

何も、人気の特別展「対決-巨匠たちの日本美術」

に関心があったからではない。

この特別展自体は、かなりミーハーなもので、

お子様ランチ的というか、学校教科書的に、

各時代の有名美術品を、広く薄く並べたものだ。

真面目な人なら、いちいち、ちゃんと見るだろうが、

そうすると、かなり疲れるのは請け合いである。

あちこちのベンチで、くたびれて座り込んでいる人も多かった。

筆者が見たかったのは、永徳の作品のみ。

それも、近年発見され、永徳の真筆と確認された、

「洛外名所遊楽図屏風」である。

去年の秋、京博で公開された、

同じ永徳の「上杉本 洛中洛外図屏風」を、

(そっちは国宝、こっちは発見されたばかりなので未指定だが)

見逃した、ささやかなリベンジでもある。

丹念に描かれた群衆描写を見たり、

「上杉本」との共通点などを確認したりして、

会場の方は、そそくさと退散した。

あまり、居心地良い雰囲気では無かったしね。

あとは、常設展示の中世絵画をちょっと覘いて上がり。

教訓。近接(最低でも50㎝から1m)に焦点が合わせられる、

美術観賞用のテレスコープが、是非とも必要だ。

人も多いし、作品との間にかなり距離をとっているから、

細部を観察するのに結構骨が折れるのだ。

ヨドバシに行けば、見つかるかな。

早速探してみよう。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 静かな8月 | トップページ | 騒がしい8月はね… »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/22781854

この記事へのトラックバック一覧です: 永徳を見に…:

« 静かな8月 | トップページ | 騒がしい8月はね… »