« 父親の自画像 | トップページ | 永徳を見に… »

2008年8月 3日 (日)

静かな8月

Rimg15866

Rimg15892

Rimg15900

静かな8月が好きだ。

目を閉じると、

海辺を見下ろす、薄暗い木立の中の古い墓地へ。

昼下がり、捕虫網を持って、独り迷い込んだ。

少女と若い母親が墓前に菓子を手向けている。

彼女たちは、立ち尽くす筆者に、

微笑みながら菓子を持たそうとする。

「あなたとちょうど同い年くらいの男の子だったの」

言い知れぬ恐怖に、後ずさりしながら、

一目散にあの丘を駆け下った。

蝉の声しか聞こえない、あの静かな8月よ。

(写真 Caplio GX100)

|

« 父親の自画像 | トップページ | 永徳を見に… »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488563/22734773

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな8月:

« 父親の自画像 | トップページ | 永徳を見に… »