« 谷戸に差し込む光 | トップページ | 「夜刀の神」 »

2008年10月10日 (金)

かくれ里

B08100901

谷戸は、入り組んでいることが多いから、

入り口に立っても、中はどうなっているか判らない。

筆者の少年期、ここは格好の遊び場だったけど、

深く迷いこんだ時など、

いきなり、見たこともない美田に行き当たったり、

深々と水をたたえる水源地に遭遇したりしたものだ。

外界からは、まったく隔絶されたような世界だったから、

よく日本昔話で、語るところのかくれ里とは、

こんなところなのでは、と想ってみたりした。

実際、数ある谷戸には、かくれ里伝説があるようだ。

鎌倉・佐介が谷の水源に祀られる佐介稲荷は、

「かくれ里の稲荷」と名乗って、翁の姿で、

伊豆に配流中の頼朝の夢に現れ、挙兵を勧めたという。

谷戸の奥深くは、

かくれ里と呼ぶに相応しい空気が満ちている。

やはり異界であり、神仏の領域なのだろう。

(写真 GX200)

|

« 谷戸に差し込む光 | トップページ | 「夜刀の神」 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 谷戸に差し込む光 | トップページ | 「夜刀の神」 »