« 足もと1.5m下の鎌倉 | トップページ | 「北條みつうろこ」 »

2008年10月 5日 (日)

二つの写真展

00410020

今週は、時間を見つけて二つの写真展へ。

「富山治夫作品展 現代語感 OUR DAY」

(JCII PHOTO SALON 10/26まで)

「見つめる人 三俣元写真展」

(GALLERY mestalla 10/4まで)

ともに日本カメラ10月号の口絵に掲載。

前者、60年代、東京の人々のギラギラと一点を見つめる眼差しに…

後者、現代、渋谷の若者の虚空を見やる眼差しに…

想いを廻らす。

両者とも、印象はストレートだ。

でも、ちょっとトレンドぽくなってきた、

銀塩フィルム、8x10カメラの意味性について、

再考してみたくなった。

今日、気分が乗れば撮影にあの街へ…

(写真上 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2

                                                         NEOPAN400 PRESTO)

|

« 足もと1.5m下の鎌倉 | トップページ | 「北條みつうろこ」 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足もと1.5m下の鎌倉 | トップページ | 「北條みつうろこ」 »