« 「鎌倉本」を集める | トップページ | 足もと1.5m下の鎌倉 »

2008年10月 2日 (木)

文鎮をもとめる

書籍から複写をする時に、

ページ抑えに文鎮があると便利だな、と思っていたら、

鎌倉で、ちょうど手頃なものを見つけ、もとめることに。

「鶴岡八幡宮 参拝記念 文鎮」 @¥1000也

社務所で、各種お守り、縁起物などと一緒に販売している。

鶴をモチーフにしたシンプルなデザインで、使いやすい。

気の利いた鎌倉土産にもなる。

文鎮といえば、机上の友であるが、

筆者の少年期、家にごろごろしていた記憶がある。

どうして、あんなにあったのか判らないが、

多分、父親の貰い物かなんかで、

素描やデザインを起こす時に使っていたのかも知れない。

よく、書棚のあちこちから落下してきて、

あらゆる物を破壊したから、

実は、あまりいい思い出がないのだ。

B08100102

(写真 GX200)

|

« 「鎌倉本」を集める | トップページ | 足もと1.5m下の鎌倉 »

もの、モノ、物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「鎌倉本」を集める | トップページ | 足もと1.5m下の鎌倉 »