« 「単一民族」と「島国」 | トップページ | 文鎮をもとめる »

2008年10月 1日 (水)

「鎌倉本」を集める

Fh000007

Amazonにて、

「鎌倉の神社小事典」「鎌倉の寺小事典」

(共に、かまくら春秋社 @\1000)を購入。

鎌倉の神社小事典

著者:吉田 茂穂

鎌倉の神社小事典

鎌倉の寺小事典

地元の出版社による、

鎌倉の社寺の情報を網羅するユニークな二冊だ。

地図や必要情報、縁起由緒が読みやすく、

コンパクトにまとめられ、持ち歩くのに便利である。

市外周辺の社寺情報や、

円覚寺のような大寺の項目では、

通常は公開されていない塔頭なども、

多く紹介されているのが嬉しい。

さて、このごろ、古書市やAmazonで鎌倉本を集めている。

再びカメラを持って、鎌倉を歩くための準備でもあるが、

以前に購入読了済みのものを、二冊も購入していたことがわかる。

イヤハヤ、めっきりというか…

少しばかり凹んでいる。

しっかりせねば…

(写真上 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 「単一民族」と「島国」 | トップページ | 文鎮をもとめる »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「単一民族」と「島国」 | トップページ | 文鎮をもとめる »