« 山頂の行列 | トップページ | その日の写真 »

2008年11月26日 (水)

可能性が出てきた

B08110601

先月の終わりに、

公募した140人の写真家のオリジナルプリントが、

\3000均一で購入出来るという、

「\3000で、写真売りましょ!買いましょ!展」を、

覘いてきた。

あくまでも、どんな感じかなという、

好奇心からではあるが、

こういった実験的な企画は積極的に評価したい。

写真のオリジナルプリントの市場と言えるものは、

残念ながら、この国では存在していないのが現状だが、

ひょんなことから、市場性が出てくるかもしれない。

筆者は、デジタルが凄まじい勢いで写真を席巻していることが、

かえって、その可能性を高めたのではないかと考えている。

伝統的な銀塩写真プリントが貴重になり、

その表現の独特な美しさが見直されつつある。

版画のリトやエッチングが人気を集めているように、

その隣あたりに、大きいとは言えなくても、

市場を形成する余地があるような気がするのだ。

問題はある。

作品の数と質だ。

どうしても所有したいと、心を揺さぶるものが、

まだ圧倒的に少ない。

個々の作品の質の差も大きい。

価格の問題は流通の過程で自ずと解決されていくだろう。

(今は作家が自分で決めるのは難しいが)

いずれにせよ、

筆者は、今すぐどうこうというわけではないけど、

悲観はしていない。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 山頂の行列 | トップページ | その日の写真 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山頂の行列 | トップページ | その日の写真 »