« その日の写真 | トップページ | 雑司が谷・鬼子母神通りにて »

2008年11月28日 (金)

当たり年

B08112601

またまた柿のお裾分けの話が…

今度は福島の会津から。

さすがに柿であふれてしまうので、

心苦しいが、お断りする。

やはり、今年は柿の当たり年というのは事実のようだ。

台風の直撃が無かったためらしい。

例年だと、台風で実の半分が落ちてしまうのだそうだ。

最近はどこでも、渋抜きした「平核無」(ひらたねなし)が人気だが、

佐渡では「おけさ柿」として知られ、

かつて、宮本常一が栽培を奨励してまわったものだ。

「象牙の塔の学者ではなく、

 どちらかと言えばジャーナリストに近い、

 気さくな感じの人」

晩年の宮本常一に会った人の談を思い出した。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« その日の写真 | トップページ | 雑司が谷・鬼子母神通りにて »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その日の写真 | トップページ | 雑司が谷・鬼子母神通りにて »