« 美しき1930年代 | トップページ | 「黄檗」が効いた »

2008年11月10日 (月)

すき焼きをつくる

B08110901

どんよりとした天気。

初冬の風情となる。

おまけに冷たい小雨も。

今日の撮影行は中止して、

何か温まるものでもということで、

久しぶりに「すき焼き」をつくる。

手頃で、まぁまぁの「すき焼きつゆ」を見つけたので、

簡単に出来上がり。

鍋もパスタ用で代用。

もとより、「安い肉」だから、

裏技というほどのことではないけど、

日本酒で「霜降り」をした程度で…

(写真 GX200)

|

« 美しき1930年代 | トップページ | 「黄檗」が効いた »

」カテゴリの記事

コメント

味付けは砂糖と醤油でOKではありませんか?
わざわざ既製品を買わずとも

投稿: satobo | 2008年11月10日 (月) 21時09分

このごろは横着しておりますが、
この「ヒガシマル」のは、
良く出来ています。
400mlで¥299
あっさり、甘さひかえめで、
上品な味付けですよ。
醤油と砂糖だけは、
伝統的な関西風でしょ?


投稿: kansuke | 2008年11月10日 (月) 22時12分

そうそう、自分の実家では醤油と砂糖でした。
satoboさんは京都風なわけですね。
自分は、今は砂糖を入れると食べられません。

投稿: 胸の振り子 | 2008年11月10日 (月) 23時13分

「たれ」=「わりした」を使うのは、
関東風ということになっていますね。
浅草の老舗ブランドのが売っていますが、
甘いし、辛いし、高いし、
イマイチで…
「すき焼き」は、
各家庭の流儀があって、
面白いです。
関西風はシンプルですが、
いい素材、特に肉が、
ものを言うのでは…


投稿: kansuke | 2008年11月11日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美しき1930年代 | トップページ | 「黄檗」が効いた »