« 黒川の庄内柿を頂く | トップページ | わき道の先に… »

2008年11月20日 (木)

トートバック

B08111901

このごろは、シンプルなトートバックを使っている。

凝ったバックはもう面倒である。

これは代官山のトートバック専門店で購入したもの。

@¥1890 http://rootote.com/

何故か、北アフリカの砂漠を、

想わせるカラーだったので、

衝動買いしていた。

もとより、北アフリカの砂漠は見たことないが…

早速、防水スプレーを施して使用開始。

こういったトートバックをいくつか持っていて、

その日の気分で選んで、

カメラや本、一切合切を放り込んで歩いている。

トートバックには、

自由で、飾らなくて、開放的で、

平和的なイメージがある。

有名アウトドアブランドの、

ディバックやウエストポーチのような、

無粋で「戦闘的」なイメージはない。

そこが気に入っている一番の理由だ。

(写真 GX200)

|

« 黒川の庄内柿を頂く | トップページ | わき道の先に… »

もの、モノ、物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒川の庄内柿を頂く | トップページ | わき道の先に… »