« 雑司が谷・鬼子母神通りにて | トップページ | 「転生」を信じるのか »

2008年12月 3日 (水)

「ウィンナーコーヒー」の味

B08120201

かつて、御茶ノ水駅前にあった「名曲喫茶ウィーン」

建物は現存するが、内部は飲食店の雑居ビルと化しているようだ。

久しぶりにその前を通る。

講義を抜け出し、昼前にこの店へ。

「ウィンナーコーヒー」をたのみ、

(この頃、街では見かけなくなったメニューだ)

ランチはサラダボールに山盛りになった、

(メニュー名は失念したが)

「マカロニサラダ」のようなスパゲティを食べ、

誰かと長い午後を夕刻まで過ごす。

そんな日々があった。

外光が殆んど入らない薄暗い店内。

何層にもなっていて、螺旋状の階段で上がっていく。

柱の影に陣取ってしまえば、何時間でも粘れた。

クラシックのBGMに紛れ、

善からぬ交遊にふける級友を見かけ、

見て見ぬふりをしたことも…

あの「ウィンナーコーヒー」の味とともに、

今でも、ありありと思い出すことが出来る。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 雑司が谷・鬼子母神通りにて | トップページ | 「転生」を信じるのか »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑司が谷・鬼子母神通りにて | トップページ | 「転生」を信じるのか »