« 一遍聖絵を見る | トップページ | 「天国」はこの世にある? »

2008年12月25日 (木)

絵巻物を写す

B08122403

東博では、禁止表示がない展示品は、

ストロボ三脚使用は不可であるが、撮影が出来る。

デジカメを巧く活用すれば、かなりの撮影が可能なのだが、

それに気がついている人は、あまり多くないようだ。

昨日から投稿している写真は、そうやって撮影したもの。

何と言っても、実物には、

書籍からの複写では到底得られない「力」がある。

GX200は、こういった撮影にかなり適していると思う。

他の鑑賞者の邪魔にならず、目立たずにさっと撮れる。

撮影の注意点としては…

ガラスケースがあること、

展示品の保護のため、室内はかなり暗く、

対象物にスポットライトが当たるような照明になっていること、

また、この「一遍聖絵」の場合、「絹本着色」

(紙ではなく、絹布に直接描かれている)であり、

経年による退色と痛みで不鮮明なところが多いこと、などから、

レンズを出来るだけ、ガラスケースに密着させる。

露出補正を-0.7位かけて、コントラストを若干上げる。

ホワイトバランスはオートのまま。

感度も200に抑える、…その程度だ。

下の写真は京の鴨川、四条河原の様子。

川面の水音や、行き交う人々の話し声まで、

聞こえてくるような気がする。

B08122402

(写真上 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

(写真下 GX200)

|

« 一遍聖絵を見る | トップページ | 「天国」はこの世にある? »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一遍聖絵を見る | トップページ | 「天国」はこの世にある? »