« 目黒にて | トップページ | 今年の「大河」(2) »

2008年12月15日 (月)

京橋にて

B08121401

B08121402

冷たい雨の日曜日、夕刻には上がり、明るい月を見る。

一年ぶりに、京橋のプンクトゥムへ。

「吉田伊寿写真展 “before the confession”」を観に行く。

8x10大型カメラで撮った各地のランドスケープ。

それにしても、

大型カメラ機材を携えての撮影行には、

「若さ」と「健康」がキーポイントになる。

やはり、身体が言うことを聞かない分にはね…

撮影者は、

去年8月の「東京8x10組合連合会写真展」のメンバーだ。

思いついでに、Amazonにて、

「樋口一葉の “いやだ!”と云ふ」

(田中優子著 集英社新書 @\90)

「江戸を歩く」

(田中優子著 集英社ヴィジュアル新書 @\356)

を発注する。

今宵は少し、じっくり「大河」の最終回を視ることに。

この話題は次回。

(写真 GX200)

|

« 目黒にて | トップページ | 今年の「大河」(2) »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

期間に間に合って良かったです。

投稿: satobo | 2008年12月15日 (月) 21時30分

この日は寒かったですね。
おまけに開場より、
一時間も早く着いてしまって、
時間をつぶすのに往生しました。
貴ブログで教えて頂き、
感謝です。

投稿: kansuke | 2008年12月15日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目黒にて | トップページ | 今年の「大河」(2) »