« 蕎麦を食べに深大寺へ | トップページ | 50万人 »

2009年1月19日 (月)

美味い水と食べ物

B09011801

B09011802

昨日の蕎麦食いには、少し趣向があった。

蕎麦屋を「はしご」して、食べ比べを試みたのだ。

その趣旨は、どっちがどうこうではなくて、

あくまでも、両者の違いを楽しむこと。

そんなわけで、二軒目の「もり」の写真もアップする。

ここでは、上がりに蕎麦団子と甘酒をたのんでいるので、

お腹はかなり一杯に。

国分寺崖線に沿った樹林にある、深大寺境内では、

古くからの湧水群が見られる。

美味い水があれば、食べ物が美味くなるのも道理である。

(写真 GX200)

|

« 蕎麦を食べに深大寺へ | トップページ | 50万人 »

」カテゴリの記事

コメント

高尾山もそば屋が多いのですが、なぜかどこもとろろそばがおすすめのようですね。
もりととろろ、なにか区別の言われがあるのですかねえ。
高尾山では食べた事がありません。
satoboは「おかめ」専門ですから。
早くおかめの「抜き」でお銚子が飲める年頃になりたいな。

投稿: satobo | 2009年1月19日 (月) 20時55分

「おかめ」は好きですよ。
まぁ、東国育ちですから、
多少文化圏の違いは感じますが、
それも一興。

深大寺土産の「蕎麦饅頭」を、
パクつきながら、高尾山方面の探索も、
考慮中です。

投稿: kansuke | 2009年1月19日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦を食べに深大寺へ | トップページ | 50万人 »