« 大晦 | トップページ | 「家族」とは何だ »

2009年1月 1日 (木)

「牛歩」なれど…

B09010101

B09010102

本ブログを開始して15ヶ月、二度目の新年を迎える。

あらためて、本年もよろしくお願いいたします。

「丑年」に因んだ画像ということで、

この前、東博で撮影した「一遍聖絵」から、

街道を行く旅人と牛。

荷車を引く牛。

中世の人々にとって、「牛馬」は貴重な働き手だったから、

とても大切に扱ったであろうことは、

こういった絵画史料でも十分に伝わってくる。

「牛歩」の歩みとは言うけれど、

少し時間はかかっても、

しっかりとした、確実な歩みが出来るなら,

それに越したことはないと思うのだが。

(写真 GX200)

|

« 大晦 | トップページ | 「家族」とは何だ »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
実は、ここのブログを見ていて、「一遍聖絵」を見たくなり、暮れの28日に上野の東博へ出かけました。
ところが当たり前の話ですが、28日からもう休館日に入っていて、すごすごと帰ってきました。
中世は、生活にも思想にも非常に多様性と可能性があって、エネルギーに満ちた時代だったようですね。
今年もよろしく。

投稿: 胸の振り子 | 2009年1月 1日 (木) 06時42分

あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろと、
ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。
岡山のご郷里で、
ゆっくりと、お過ごしのことと思います。
東博は2日から開館です。
「一遍聖絵」の公開は4日までです。
今年の課題は…
一度、岡山を訪ねることですが、
さて、どうなりますか…

投稿: kansuke | 2009年1月 1日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大晦 | トップページ | 「家族」とは何だ »