« 悪魔問答 | トップページ | 今週から新年度 »

2009年3月30日 (月)

中世女性の首(2)

1月30日の投稿で触れた中世城郭・葛西城跡出土の、

中世女性の斬首頭骨と復顔像の公開を観てきた。

(葛飾区郷土と天文の博物館にて)

地域史が専門の学芸員の方から詳しいお話を伺う。

斬首頭骨のほうは保存上の問題でレプリカ展示だが、

前もって連絡しておけば、実物の観察が出来るので、

次回はそうしようと思う。

今回の復顔像制作で新しい事実も解かってきたという。

斬首頭骨の刀傷は2ヶ所で、左後方からの2回の斬撃で、

首が打ち落とされた。狙った部位は適切で、

手を下した者は斬首に手馴れている。

ただ、1回目の斬撃で切り込む角度が真っ直ぐでなかったため、

刀身が歪んでしまい、そのまま2回目の斬撃を行ったらしい。

これは骨の切断面の精密な分析で想定出来るそうだ。

また、本丸御殿の正面、表門直下の水堀底という出土状況は、

尋常ではないとのこと。

明らかに意図的で、戦乱などの犠牲者ではないようだ。

処刑か、見せしめか、呪術的な行為が考えられるが、

今のところ議論は分かれている。

信長が浅井長政や朝倉義景の首級を、

金箔を施して披露した例のように、

(現在は信長の異常な残虐性を示すものと、

 解釈されるのが主流だけど、それとは別に)

首級をめぐる呪術的な習俗があったのではないかと、

学芸員の方は示唆されていたのだが、

筆者の見解もそれに近いものがある。

B09032902

(写真 GX200)  

|

« 悪魔問答 | トップページ | 今週から新年度 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悪魔問答 | トップページ | 今週から新年度 »