« アマゾンで嗅ぐ本の匂い | トップページ | 「勝てないことは判っていた」 »

2009年3月14日 (土)

「ワルキューレ」

B09012902

いわゆる「7月20日事件」(1944年 ヒトラー暗殺未遂事件)を、

新たな視点で描いた映画「ワルキューレ」が公開される。

大学生の時、ゼミでこの事件をテーマに、

討論したことがあるので、ちょっと関心がある。

去年か、製作中との話は聞いていたけど、その時は、

トム・クルーズは果たして主役を演じられるのかという話題だった。

確かに事件の実行者、

フォン・シュタウフェンベルク大佐はかなりの大役で、

いろいろな面で、今日でも注目の的である。

今回はどんな風に仕上がっているか。

ゼミの討論で出た、結論めいたことは、

…外から見て、どんなに崩壊に瀕している独裁国家でも、

 内部からの転覆は極めて難しいものがある。

 歴史的にも成功例は少ないだろう。

 この事件の場合、ドイツ国防軍の軍人が計画の主体だった。

 彼らは任官時に、ヒトラーに忠誠の誓いを立てていたから、

 軍内で同志を募るのが難しかったという事情もあった…

そういえば、似たようなケースは今でも珍しくない。

(写真 GX200)

|

« アマゾンで嗅ぐ本の匂い | トップページ | 「勝てないことは判っていた」 »

歴史(現代史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマゾンで嗅ぐ本の匂い | トップページ | 「勝てないことは判っていた」 »