« イースターエッグ | トップページ | 新玉葱のパスタ »

2009年4月14日 (火)

1021枚目

B09041301

うっかりしていたら、

当ブログにアップした写真が1000枚を超えていた。

PC内にほったらかしてある画像もチェックしてみるに、

10年近く前のものを見つける。

老桜を求めて各地を撮り歩いていたころだ。

福島は三春のとある寺で、住職のご厚意により庫裏の庭より撮影。

昼まで東京で仕事をして、午後一の新幹線に飛び乗り、

日没前の僅かな時間を狙った。

後で本意ではないのに、

題名を付けなければならない状況になったので、

“The wind of impermanency does not choose a time”

「無常の風は時を選ばず」

とやったら、仲間から随分と怪訝な顔をされたな。

(いかにも風景写真といった題名が大嫌いだったしね)

今は手元に無いけど(神奈川県相模原在住の大判仲間に譲る)

スーパーグラフィックは実に使いやすいカメラだった。

(写真 スーパーグラフィック4X5 スパーアンギュロン90㎜ E100S)

|

« イースターエッグ | トップページ | 新玉葱のパスタ »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

三春と言えば、滝桜が有名ですが、こちらも素晴らしい木ですね。

それにしても、光の当り具合といい、風に揺れる様といい傑作ですね。

投稿: ガイ | 2009年4月15日 (水) 13時07分

ガイさん
ありがとうございます。
三春の滝桜も満開になったようですね。

あの頃は超有名な桜は敢えて避け、
隠れた老桜を狙っていました。
どこでも撮影時間は、
夕刻、日没直前と決めて…
昔、桜を植えた人はどうも、
この季節の光の効果をよく考えていたようです。
日没の方角と一致することが多いのです。

長野の高山村にも撮影計画を立てていましたが、果たせませんでした。
今でも気になっています。

投稿: kansuke | 2009年4月15日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イースターエッグ | トップページ | 新玉葱のパスタ »