« 咲く花と記憶 | トップページ | 生母の力(2) »

2009年4月 8日 (水)

ミケーレのこと

B09040702

パスタ料理のツボを教えてくれたのはミケーレだった。

年に一度来日して、イタリアの北から南までの地方料理を、

一通り作ってみせてくれた。

筆者がそれを撮影したのは7年ほど前のことだ。

テクニックは抜群だけど頑固一徹。

でも実に気がいい男。

この世界を渡り歩くのが性に合った根っからの料理人である。

彼は今、故郷に近いイタリア中部・アブルッツォ州の、

美しい古都ラクイラのホテルで腕を振るっているはずなのだ。

地震が当地を襲ったのは昨日という。

どうしているのだろうか。

無事を祈るばかり。

(写真 GX200)

|

« 咲く花と記憶 | トップページ | 生母の力(2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 咲く花と記憶 | トップページ | 生母の力(2) »