« 何も見ず何も学ばず | トップページ | ♪夕方には晴れるかな… »

2009年5月24日 (日)

第二回東京8x10組合連合会写真展のこと

B09052301

第一回東京8x10組合連合会写真展が開催されたのは2年前の夏。

それが当ブログを始めるきっかけにもなった。

当時、筆者は心中に期することがあったので、

無理を重ねて参加したのであった。

そして、この度「胸の振り子」さんの時宜を得た提唱により、

今秋、第二回展を開催する企てが始動することとなった。

(右ブックマーク欄 東京8x10組合連合会機関紙 KIOSK参照)

すでに組合員のみならず、内外の多くの賛同者より、

参加表明がなされている。

さて、筆者のことであるが、

まだ正式参加を決心するに至っていない。

まず、2年前と筆者の写真表現活動上の立ち位置が、

大きく異なってしまったことがある。

フィルムかデジタルかの問題、

フィルムなら、大判、中判、35㎜というフォマーットの問題。

それらは、筆者の写真表現の、

もちろん重要ではあるけれども、

さしあたっての、第一の課題ではなくなっているということである。

つまり、すくなくとも、筆者にとって写真表現上の課題は、

「その先にあるもの」として、捉えているからなのだ。

今はこれだけしか言えないけど、

この企てそのものについては大賛成なので、

協力や支援は惜しまないつもりでいる。

(写真 CX1)

|

« 何も見ず何も学ばず | トップページ | ♪夕方には晴れるかな… »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

大石誠之助は、とても興味深い人物のようですね。
亡くなった中上健次が、生前「大逆事件と熊野」を書こうとしていたようですし、
同じ和歌山出身の辻原登が、毎日新聞だったか、大石誠之助と新宮グループテーマにして「許されざる者」という連載小説を書いていました。
新宮へ行った時、中上の記念館の教育委員会の人が教えてくれました。

今回の8x10写真展は、非会員からの参加者が増えて、ちょっとおもしろいものになりそうですよ。
kansukeさんのスタンスは了解しました。
遊びに来てください。

投稿: 振り子 | 2009年5月24日 (日) 09時05分

今日はありがとうございました。
喋りすぎてすっかり疲れてしまいました。

投稿: satobo | 2009年5月24日 (日) 20時04分

胸の振り子さん…
私の趣旨をご了解していただき、
ありがとうございます。
また、先ほどは失礼いたしました。

大石誠之助。
あの時代は実に型破りで、
スケールの大きな人が多かったなと、
思いますね。
それに比べて、今の状況はね…

投稿: kansuke | 2009年5月24日 (日) 21時58分

里坊さん…
こちらこそ、お引止めしてしまって、
ありがとうございました。
良い時間をもてました。
ご自愛下さいね。

投稿: kansuke | 2009年5月24日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何も見ず何も学ばず | トップページ | ♪夕方には晴れるかな… »