« 地蔵堂へ | トップページ | 中世の職人の仕事 »

2009年5月19日 (火)

中世建築の証

B09051802

都内唯一の国宝指定建築、正福寺・地蔵堂を観る。

この寺は臨済宗・建長寺派に属する禅宗寺院であり、

創建は鎌倉中期という。

地蔵堂は残された墨書銘から、応永14年(1407年・室町前期)

の建立と判っている。

同じく禅宗様式で、建立時期もほぼ同じとされる、

鎌倉円覚寺・舎利殿のほうは(こっちは教科書に載っていたな)

間近に拝観することがまったく出来ないが、こちらは自由だ。

しかも、毎年11月3日の「地蔵祭り」には内部公開がある。

要チェックなのは言うまでもない。

600年の風雨に耐えた外板を仔細に観察にするに、

微かにではあるが、

中世建築の証である「槍鉋」痕を見つけることが出来た。

B09051803

(写真 CX1)

|

« 地蔵堂へ | トップページ | 中世の職人の仕事 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地蔵堂へ | トップページ | 中世の職人の仕事 »