« ♪夕方には晴れるかな… | トップページ | 「傾く」三成 »

2009年5月26日 (火)

マスクの霊力

B09052501

行きつけのドラックストアでレジの前に並んでいたら、

列の前後の人は皆、マスクを買い求めている。

一人2個までということで、数分でその日の分は売り切れていた。

その様子を観察しながら、妙な空想が過ぎってしまった。

これは社会現象というよりも、一種の宗教的な現象ではないか。

マスクの予防能力など、たかが知れているは周知であろう。

それでも、何かに憑かれたように買い求めるのは、

病を防ぐシンボルとしてのマスクの存在に、

安心感を求めているうちに、実は無意識で、

何か「霊力」のようなものも認めてしまっているからではないのか。

だから、マスクは「護符」であり、「守り札」なのである。

そのうち、諸国の有力社寺が競って「護符マスク」なんてものを、

頒布し出したら、大人気になるやもしれない。

そんな便乗商法はあんまりだということにもなって、

「現代の一遍上人」の如き奇特な人が現れて、

渋谷や新宿の路上で、

「南無阿弥陀仏病魔退散決定往生…万人」とプリントした、

マスクを無償で人々に配り出したら面白いだろうに。

でも、「現代の一遍上人」はたちまち、

迷惑防止条例とかなんとかで職質されて、

引っ立てられてしまうかも…

これじゃ、今のどこが中世世界と違うんだか判らなくなるな。

(写真 CX1)

|

« ♪夕方には晴れるかな… | トップページ | 「傾く」三成 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪夕方には晴れるかな… | トップページ | 「傾く」三成 »