« 六浦津から中世の琉球をイメージする | トップページ | 妄想なのか »

2009年6月18日 (木)

中世を歩く時に…

B09061702

中世の遺跡や社寺を訪ね歩く時に、

参考にすることが多い本がある。

「中世の村を歩く」(石井進著 朝日選書 2000)

名著だと思う。

近刊では、「日本の中世を歩く -遺跡を訪ね史料を読む」

(五味文彦著 岩波新書 2009)もよい。

称名寺の墓地で、今年最初のやぶ蚊攻撃を受ける。

刺されたのは、CX1を保持していた右手の小指。

腫れてまだ痛痒い。

(写真 CX1)

|

« 六浦津から中世の琉球をイメージする | トップページ | 妄想なのか »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六浦津から中世の琉球をイメージする | トップページ | 妄想なのか »