« 写真がどんどん上手くなる? | トップページ | 琉球船の謎 »

2009年6月15日 (月)

世界報道写真展を観る

B09061401

このごろ、写真の話題に刺激らしい刺激を感じない。

これじゃいけないと、

恵比寿の都写美でやっている「2009世界報道写真展」を観にいく。

何か拾うものでもと…

写しとめられた悲惨な紛争地や被災地の人々の表情は、

キャプションがなければ、

50年前、60年前の写真と何ら変わるところがないなと、

あらためて考える。

写真という表現方法は、時空を超えて誰でもがアクセス出来る、

極めて具体的な「共通言語」であることは確かなのだ。

いくつかの写真に、

「抽象性」に逃げ道を見つけようとする傾向がみられたけど、

ちょっと違うぞと思う。

それでは、せっかく写真本来が持っている魅力を、

かなぐり捨てることにもなるからだ。

(写真 CX1)

|

« 写真がどんどん上手くなる? | トップページ | 琉球船の謎 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真がどんどん上手くなる? | トップページ | 琉球船の謎 »