« 美のパターン化と踏襲 | トップページ | キーボード上の「唐船」 »

2009年7月 8日 (水)

「ペン」が気になる

B09070701

量販店でオリンパスペンE-P1を手に取る。

果たして「マイクロフォーサーズ」のシステムは、

定着し発展するのだろうか。

それとも中途半端な存在として終るのか。

少なくとも筆者には、リコーのコンデジが頑張ってくれているので、

今すぐ必要な場面は想像出来ないが、

すべては今後の商品展開の如何による。

暫く注視していよう。

隣街の商店街に残るカメラ店を初めて覘く。

国産の中古が思いのほか充実している。

「昔のペン」にどうしても目移りしてしまう。

ハイビジョンのヘンリー8世を視る。

考えてみれば、やりたい放題の彼も信長とほぼ同時代人。

(写真 CX1)

|

« 美のパターン化と踏襲 | トップページ | キーボード上の「唐船」 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美のパターン化と踏襲 | トップページ | キーボード上の「唐船」 »