« キーボード上の「唐船」 | トップページ | 蝉の声を聞く »

2009年7月10日 (金)

翁丸!

B09070904

行きつけの漢方薬局で面白い薬を勧められる。

その名を「翁丸」(おきながん)

和歌山にて300年間、つくり売られ続けた和漢薬で、

胃腸の諸症状、

(下痢、腹痛、吐き下し、膨満感、胃弱、食あたり、二日酔い等々)

に副作用無く、効能ありとのこと。

特に最近は、ストレスによる自律神経失調と消化器不調に対する、

効能が顕著と注目されているらしい。

これは筆者にとっても朗報なので購入することにした。

しかし、それよりも魅かれたのは名前である。

「翁丸」という、何とも中世的な響きがよい。

もとより中世世界では製薬業は「道々の輩」であり、

「山伏」「聖」「御師」や各地の寺社との深い関りと、

渡来系のルーツも併せもち、

諸国を遍歴して世を渡る人々だった。

しかも、あの熊野や高野山がある紀州で300有余年。

いや、実はもっと古いんじゃないだろうか…

B09070902

(写真上 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

(写真下 CX1)

|

« キーボード上の「唐船」 | トップページ | 蝉の声を聞く »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーボード上の「唐船」 | トップページ | 蝉の声を聞く »