« 日々の写真 7/25 | トップページ | 切れ端ですが… »

2009年7月27日 (月)

“TAOISM ART”

B09072601

列島、悪天なるも南関東のみ快晴。暑さも暑し。

特別展「知られざるタオの世界 道教の美術」

TAOISM ART -道教の神々と星の信仰-

(三井記念美術館 ~9/6)を観にいく。

実に盛り沢山の展示で、収穫も多かった。

中国本土の道教美術のみならず、深い影響を受けたと考えられる、

中世日本の宗教美術まで網羅しており、

仏教、神道、陰陽道、天文道、暦道、宿曜道等々、

注目すべき作品をよく集めている。

しかもここで、あの異神たち、新羅明神、赤山明神、

ことに摩多羅神、

(これはなかなか観れない神像だ。その奇怪さは噂どおりだが、

 いろいろと面白い発見も…)

に会えるとは思わなかった。

神仏混交の世界や、中世芸能における「翁」の問題も、

道教的と言えば、そのように見えてくるから不思議である。

やはり、「影響」なんかでは片付けられないものがありそうだ。

先週の「伊勢神宮と神々の美術展」より遥かに深遠にて、

思索にふけるに好適な内容なのは論を待たず。

でも、あまりにフィールドが広大かつ複雑で、

頭を整理するのに、少々時間が必要なのではあるが…

ついでながら、陰陽師に関心のある人なら、

有名な現存最古の、

「安倍晴明像」 (室町期・大坂阿倍王子神社)が観られる。

(写真 CX1)

|

« 日々の写真 7/25 | トップページ | 切れ端ですが… »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々の写真 7/25 | トップページ | 切れ端ですが… »