« 鎌倉の夏(1) | トップページ | 無責任 »

2009年8月 9日 (日)

鎌倉の夏(2)

B09080801

鎌倉の夏と言えば、やぶ蚊である。

それで思い出したのだけど、

十数年前にハッセルの試し撮りで、

鎌倉の夏の山に入ったことがあった。

逗子に抜ける名越坂あたりだったか。

往時の姿が比較的よく保存された切通し道は、

暗く湿気が充満していた。

今となっては、やがぶ蚊の大群の中を汗を拭きながら、

三脚を担いで歩いて登っていった記憶ばかりだ。

その時のポジはどこかにあるはずなのだが…

闇の中をくぐり抜ければ山紫陽花

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PBNC400)

|

« 鎌倉の夏(1) | トップページ | 無責任 »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉の夏(1) | トップページ | 無責任 »