« 有隣新書 | トップページ | 「刺せば血が流れる」くらいに… »

2009年9月10日 (木)

2004年銀座の月

B09090901

2004年銀座の夜の三枚目。往時の月を愛でる。

周囲でオリンパス PEN E-P1を購入する人が増えているようだ。

当方、未だ気持ちの整理が出来ず。

昔日の「ペン」の印象(ごく個人的なものだと思うけど)が、

あまりにも強かったからなのか。

どうしても、その幻影に引きずられてしまって、

新しい E-P1 を手にしている自分の姿が、

イメージ出来ないでいる。

やはり「ペン」の名前は軽くはないよ…

(写真上 Caplio G4 Wide)

|

« 有隣新書 | トップページ | 「刺せば血が流れる」くらいに… »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有隣新書 | トップページ | 「刺せば血が流れる」くらいに… »