« 2004年銀座の夜で… | トップページ | 長徳氏PENを大いに語る »

2009年9月 3日 (木)

やっと相手にされた…

B09090201

米紙に引用された次期首相鳩山氏の論文。

アメリカ主導のグローバリゼーション批判や、

東アジア諸国の結束を説いた内容が気に食わぬと、

一部で反発を受けているというが、これと似たような主張は、

あちこちで見聞きするので、どうってことないものだ。

むしろ、喜ばしいことだと…

というのは、この手の議論では全く相手にされることが無かった、

この国の首相が、初めて相手にされたからである。

まともな選挙で選ばれた政府は、

対外的にもそれなりの敬意を持って遇される。

当たり前だといえば、それまでだが、

これも、初めてまともに機能した議会制民主主義のお陰だろう。

鳩山氏の英語のスピーチをちょっとTVで聞いた。

ちゃんとした研究者系のしゃべり口だった。

前首相の怪しげな遊び人系のそれとは土台ガラが違うな。

誤解が無いように言っておきますが、

別に筆者は、今度の新与党の支持者ではあり得ませんので、

ご承知おきのほどを…

本日も、2004年銀座の夜の写真をアップする。

同じく「板橋の夜編」が見つかったので、近日中にアップ予定。

(写真 Caplio G4 Wide)

|

« 2004年銀座の夜で… | トップページ | 長徳氏PENを大いに語る »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2004年銀座の夜で… | トップページ | 長徳氏PENを大いに語る »