« 日々の写真 9/4 | トップページ | 有隣新書 »

2009年9月 7日 (月)

レンズ遊びは好かん…

B09090601

B09090602

B09090603

日差しは確実に長くなり、影もくっきりと結ぶようになる。

撮影日和の季節も近い。

「田中長徳PENの本」を拾い読みしているうちに思い出した。

3日夕の四谷三丁目のワークショップの時に、

E-P1にマウントアダプターでライカレンズを、

(エルマー50か。狭い部屋だったので非常に使いづらかった)

付けた御仁に記念撮影を頼まれたのだ。

気がつくと、周りは同様な仕立てのE-P1を持った人ばかり。

当然、ピントは液晶モニターを見ながらのマニュアルである。

適当にパッと合わせて撮って差し上げたら、

なかなか合わせるのが難しいとのことで、感心されてしまった。

筆者は、今使っているCX1で、

液晶モニターでパッとピントを確認するのに慣れているし、

大判カメラのピント調整でも、冠布の中でルーペを使わずに、

パッと一見して合わせるクセが付いているからなのか。

ピント合わせは、身体の感覚で覚えて、

出来るだけ素早く行うべきだろう。

行ったり来たりと、悩むと外すことが多いと思う。

まして液晶モニターだと、感覚が掴みにくいかもしれない。

本来、PEN E-P1は軽快な街撮りスナップに理想的なカメラである。

(間違っても、便利万能なレジ一眼カメラではない。

本性はクセカメだ)

マウントアダプターで新旧のレンズを付けて遊んでいて、

ピントで手間取ってたら、

このカメラの良い所がまったく生かせなくなる。

(ベテランなら置きピンが使えるだろうが、

 やはりフォーサーズサイズだから、殆どのレンズが長すぎて、

 スナップ撮影には向くまい。純正レンズに如かずだ)

まぁ、そうでなくとも、もともと筆者は、

趣味人臭いレンズ遊びは好かん…のだけれども…

(写真 CX1)

|

« 日々の写真 9/4 | トップページ | 有隣新書 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々の写真 9/4 | トップページ | 有隣新書 »