« 父親の手帳 | トップページ | 幸福な時代 »

2009年10月31日 (土)

宿山橋の月を観ばや…

B09103001

宿山橋は「もう一つの暗闇坂」の目切坂を、

(2009 10/8 投稿 もう一つの暗闇坂② 参照)

下ったすぐ先の目黒川に架かる。

この「宿山」という名前の由来が気になっている。

かつて目切坂上には富士塚があった。

目黒元富士といわれ、広重も「名所江戸百景」に描くところだ。

地元、目黒村富士講の人々が江戸・文化年間に築いたものだが、

現在はマンションが建ち、失われてしまった。

目黒村富士講の印が○に旦の字であったため、

この山全体が「丸旦山」と呼ばれていたこともあったらしい。

もちろん、これは江戸後期になってからの呼称である。

「宿」とは江戸期の街道宿場だけでなく、中世世界では、

特定の職能集団が集住する都市的な場を指すことがある。

中世の「宿」は主要な道に沿った坂や河原などの境界地に、

立地することが多いから、筆者は怪しいと睨んだわけなのだ。

そうしてみると、目切坂上に住んでいたという、

ひき臼の目切をしていた石工の伝承も妙に説得力を持ってくる。

(2009 8/10 投稿 もう一つの暗闇坂③ 参照)

(写真 CX1)

|

« 父親の手帳 | トップページ | 幸福な時代 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父親の手帳 | トップページ | 幸福な時代 »