« 2004年 板橋の夜で…(2) | トップページ | 上野公園にて »

2009年10月12日 (月)

南青山にて

B09101101

B09101102

B09101104

午前中に行きつけのヘアサロン、昼前に南青山へ。

新装成った根津美術館の特別展、第一部、

「国宝那智瀧図と自然の造型」(~11/8)を観る。

中世の宗教的世界観を考察する上で、

ここの那智瀧図は見落とすことは出来ない。

例によって、スコープを駆使して詳細に観察する。

深い絵なので、感想は後ほど述べる。

気持ちのよい日本庭園で少し撮影。

澄んだ木陰の小径で、

ペンEP-1のホワイトボディを下げた女性と鉢合わせして、

思わず目が合い、苦笑いしてしまった。

新しい根津美術館は和の伝統と現代の調和という、

コンセプトで設計されているとのこと。

派手さはないが、大きすぎず小さすぎず、

観覧する人には疲れない、手頃な美術館に仕上がっていると思う。

那智瀧図の熊野をイメージしたのか、

エントランスにさり気なく使われた「那智石」が印象に残る。

かつて父親が、横浜の旧居の玄関に張り詰めさせて、

その謂れを自慢げに話していたのが、

昨日のことのように思い出された。

(写真 CX1)

|

« 2004年 板橋の夜で…(2) | トップページ | 上野公園にて »

美術史」カテゴリの記事

コメント

根津美術館のポスターを新宿駅で見ました。
屋根瓦を写したものですが、広角でドキッとするものでした。
行ってみようかなと思わせる表現でしたね。

投稿: satobo | 2009年10月12日 (月) 00時26分

最近ではお奨めスポットですよ。
何やら、何処かの古い地方都市にある、こぢんまりとした美術館を訪れたという風情です。

投稿: kansuke | 2009年10月12日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2004年 板橋の夜で…(2) | トップページ | 上野公園にて »