« ミュージアムグッズをもとめる(2) | トップページ | ミュージアムグッズをもとめる(3) »

2009年11月19日 (木)

根来のように?

B09111802

中世世界で造られた数々の道具類の中で、

とりわけ筆者が魅かれているのが「根来」(ねごろ)である。

「根来」「根来塗」というのは、

今では朱塗り漆器一般を指すことがあるが、

本来は中世・室町期に、

紀州・根来寺で製作された朱漆塗漆器のこと。

下塗りに黒漆を丹念に塗り、その上に朱漆を塗り重ねて造られる。

社寺や上流貴族のための什器として製作された実用品なので、

良好な状態で現存しているものは多くない。

長い年月、使い続けているうちに、

上塗りの朱が剥げ、下地の黒漆が覗き、

独特の風合いが出て、それが何ともいえない「景色」となる。

今回の出品は殆どが室町期(一部、平安・鎌倉期)のもので、

少なくとも500年は経っている優品ばかり。

だから、その「景色」も鑑賞に足る素晴らしいものだ。

根来寺は中世末期の戦国期に、

鉄砲も扱って巨万の富を得て、最盛期を迎えたが、

信長、秀吉に目を付けられ、焼き討ちをうけて壊滅する。

爾来「根来」も途絶えたから、現存品の価値も推して知るべし…

話はまったく変わるが、

筆者の愛用するライツ・ミノルタCL。

先日、雑司が谷の銭湯のタイルにぶつけたりして、

(風呂に入ったのではなく、銭湯で古本市があったのだ)

金属ボディの下地が覗き、ちょっと風合い?が出てきた。

密かに「根来」のような「景色」になればと期待しているのだけど、

まぁ、それには少なくとも、500年はかかるわけだ。

B09111801

(写真 CX1)

|

« ミュージアムグッズをもとめる(2) | トップページ | ミュージアムグッズをもとめる(3) »

美術史」カテゴリの記事

コメント

根来衆というと忍者かと思いましたが、高野山真言宗から分かれた別派だったのですね。
僧兵を抱え、紀州の雑賀衆のように鉄砲を扱う集団で、秀吉には弾圧され、家康には重用されたとか。
江戸開幕に際しては、柳生一族が新宿区百人町に配され、根来衆は同じく新宿区原町あたりに配されています。
江戸城へ向かう大久保通りの街道筋の守備が任務だったのでしょう。
市ヶ谷には根来百人町という旧町もあったようです。

投稿: 振り子 | 2009年11月19日 (木) 06時39分

彼らは全国津々浦々を遍歴して回っていたようですね。宗教活動はもとより、各種商取引でも… いち早く鉄砲に目をつけるなど相当な情報網と技術力を持っていたはずです。中世世界では絶対に外せない存在でしょう。たしか、最近境内の発掘調査もやっていたんじゃないかな。

投稿: kansuke | 2009年11月19日 (木) 21時51分

もしやと思ってあたってみたら、司馬遼太郎が「街道を行く」に根来寺のことを書いていました。
それによると根来衆は貿易にも関わっていて各地に出没していました。鉄砲伝来時の種子島にも居合わせていて、ちょうど伝来したばかりの最初の一挺を手に入れています。
江戸に鉄砲を売りに来たという文献もあり、かのフロイスは、ネゴロスは、ナザレ人のように肩までの髪で、後ろを束ねていないと書いているそうです。
家康は滅ぼされた後の根来衆を召し抱え、根来寺系真言宗に庇護を与えたようで、関東では、寺は、高野山系のものより多く、川崎大師もそうですね。
根来寺へ行ってみたくなりました。

投稿: 振り子 | 2009年11月19日 (木) 22時35分

根来僧「道安」に身を窶した勘助は鉄砲の売り込みを口実に越後の長尾景虎のもとに潜入しますが、見破られ囚われます。彼を助けに現れるのが根来衆の棟梁、津田監物というのが大河のストーリー。勘助が若かりし頃、諸国遍歴の際に根来寺を訪ね、旧知であったというわけです。実際、勘助には修験道、密教、宿耀の知識があったらしく、高野山との関わりを指摘する説がありますから、あながち荒唐無稽とはいえず、脚本家はよく調べています。
それはそうと、Yasさんの写真展には何時行かれますか?ご進呈の品がありますので…

投稿: kansuke | 2009年11月20日 (金) 10時06分

Yasさんところは、23日15時からのパーティーにちょっとだけ伺おうかと思っています。

根来塗りには、ロクロを回して木を削り、椀や皿を作った「木地師」がいたそうですね。
これがまた全国を渡り歩く「渡り」をする集団で、どこでも勝手に木を伐ってもよいという特権を持っていたとか。
中世というのは、今の目で見て、思いも寄らないような不思議な集団が存在していたんですねえ。

投稿: 振り子 | 2009年11月20日 (金) 22時11分

私もその時間に合わせましょう。
その日は天気がよければ、昼前に雑司が谷の古本市にまわり、その足で参ります。
中世世界を遍歴する「道々の輩」を追っていくと興味が尽きません。根来もそうですが、彼らは様々な技術を持った職人集団から成り、現代の私たちが想像する以上に、相当システマティックにやっていたんですよ。

投稿: kansuke | 2009年11月20日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミュージアムグッズをもとめる(2) | トップページ | ミュージアムグッズをもとめる(3) »