« ネックストラップを交換する | トップページ | 別所坂にて(1) »

2009年12月20日 (日)

別所坂へ

B09121901

B09121902

B09121904

B09121905

前世紀の終わり頃までは、

渋谷駅近辺から富士山を望むことが出来たはずだ。

久しぶりに、筆者の知るそのスポットへ行ってみた。

今でも、辛うじて見えるのを確認する。

まぁ、CX2の300㎜ズームの力を借りはしたが。

それはそうと、今日の探索の目的地は「別所坂」である。

胸の振り子さんのブログでの、

(右ブックマーク欄 “A Moveable Feast” 参照)

「別所」をめぐる論考を読んで、そう言えば…との仕儀なのだ。

富士を拝してから足を南方に向け、

目黒川に沿って歩行すること20分弱。

「宿山橋」と(10/31 投稿 宿山橋の月を観ばや 参照)

中目黒駅を過ぎ、川幅が広がったところで、

「田楽橋」(でんがくばし)に行き当たる。

(その名の中世的な響きの心地良さよ)

たもとの狭い道を左折し、

「この先階段あり車の通り抜け出来ません」の表示で、

何故か、いよいよ膨らむ期待…

谷戸を想わせる地形に入り込み、急斜面が覘くと坂道があった。

「別所坂」の標識を見つける。

(もったいぶって明日に続きます。ご容赦を…)

(写真 CX2)

|

« ネックストラップを交換する | トップページ | 別所坂にて(1) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネックストラップを交換する | トップページ | 別所坂にて(1) »