« 水平線の彼方に春を見た? | トップページ | 宿坂界隈 »

2010年2月 9日 (火)

やっぱり無理だった

B10011805

ビール洋酒業界のK社とS社の合併話。

やはり(予想通り)無理だった。

この間の経緯については、

(2009.7/16 投稿 ちょっとした見もの 参照)

この国を代表する大企業でありながら、

同族、世襲、その上、非上場のS社のような企業の存在は、

もう時代に合わないのだ。

多くのそのような企業が、前世紀末から、

次々と「ビックバン」を起して消滅していったが、

S社は最期に残った「大物」だった。

K社に「庇を貸して母屋を取られる」の、

(新会社の持ち株比率で議決権をものにしながら、

 自社の、否、創業家の資産守る)

やり方で合併し、上場を果たして、

生き残りを賭けたのだろうが、さすがに相手に見抜かれたわけだ。

前にも云ったように、この際S社は、

家業を売っぱらうほどの覚悟が必要だった。

創業家一族の人々が騒いだんだろうな。

いずれにしても、S社の今後は荊の道であることに変わりない。

考えてみれば、件の「自動車トップメーカー」も、

上場ながら同族・世襲か。

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PR400)

|

« 水平線の彼方に春を見た? | トップページ | 宿坂界隈 »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水平線の彼方に春を見た? | トップページ | 宿坂界隈 »