« 渋谷の富士講(4) | トップページ | 夜半の雪 »

2010年2月18日 (木)

ちりめんキャベツのスープ

B10021701

パスタに使った、ちりめんキャベツの残り半分でスープをつくる。

つくり方は…

スライスした玉葱半~1個とベーコン3~4切れを、

オリーブオイル少々でいためる。

玉葱がしんなりして透明になったら、刻んだちりめんキャベツを入れ、

水1~1.5ℓ、固形ブイヨン2個、プロヴァンスハーブ小さじ1で、

鍋に蓋をして煮込む。

(最初は中火、煮立ったら弱火で計30分くらい。

 筆者は熱伝導性がよく、圧力がかけられる特殊な鍋を使用)

ベーコンと野菜から味が出るので、味付けは必要なし。

仕上げに、キャベツ料理にあう、

アルザスのストラスブール・ソーセージを温めて添えて出来上がり。

ちりめんキャベツの旨みと甘さが十分に出て、実に美味しい。

しかも簡単で、身体が温まる。

パスタより、こちらのほうが正解だった。

………………………

「カメラマガジン№12」という雑誌に、

東京8x10組合連合会の面々が紹介されている。

最寄りのブックファーストで見つけて、購入しようと思いつつ、

その前に引っかかって、別の三冊を…(ジュンク堂の反動か?)

「漆の文化史」(四柳嘉章著 岩波新書)

「新版 雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り」

(藤木久志著 朝日選書)

「日本史への挑戦 関東学の創造をめざして」

(森浩一・網野善彦 ちくま文芸文庫)

カメラマガジンのほうは次の機会に。

記事は好意的だし、皆さんもよく写っていたのでひと安心。

(写真 CX2)

|

« 渋谷の富士講(4) | トップページ | 夜半の雪 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋谷の富士講(4) | トップページ | 夜半の雪 »