« 春の宵 | トップページ | 風林火山最終回 »

2010年3月23日 (火)

大イチョウ(3)

B10032201

B10032202

今朝、思い立って、

モノクロフィルムを込めたCLをトートバックに放り込み、

大イチョウの現状を見に鎌倉・鶴岡八幡宮へ。

ご覧のとおり、左脇に切り株が移植された。

右側の注連縄で結界された場所が元の根の部分だ。

イチョウは樹勢旺盛なので、

ひこばえが生じて根付くのに、そう時間はかからないだろう。

境内にて一時間ほど撮影する。

このところ、加藤周一氏の映画から影響を受けて、

実朝がらみで、鶴岡八幡宮寺に関する史料を渉猟していたが、

そんな中での、この度の大イチョウの変事だった。

中世世界の吾妻鏡の執筆者なら、これをどう記すだろうか。

……………

昨日は、東京、横浜で開花宣言があったようだ。

こちらは八幡宮境内の桜、段葛はもうちょっと先かな。

B10032203

(写真 CX2)

|

« 春の宵 | トップページ | 風林火山最終回 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の宵 | トップページ | 風林火山最終回 »