« 「それでは、この像はいったい誰だろう?」 | トップページ | 「碁石金、三すくい…」 »

2010年3月 2日 (火)

「肖像画を読む」

B10030101

月末で月初めという日並びは嫌である。

先週の金曜日に用事を九分通り済ますも、

今日でならぬこともあり、実に損した気分。納税も然り。

………………

東博の「長谷川等伯展」は意外と会期が短い(2/23~3/22)

油断をしていると終ってしまうので、関心のある方はお早めに。

やはり、前半の3/7までがお奨め(伝・武田信玄像が観られる)

等伯がこれだけ集められる機会は暫く無いだろう。

「国宝 松林図屏風」を間近から、またちょっと離れて観たりと、

こんな体験をするだけでも、新しい発見がある。

………………

昨日触れた「神護寺の国宝 伝・源頼朝像」の通説を破った経緯は、

「肖像画を読む」(黒田日出男編 1998 角川書店)に詳しい。

再読のため、積み重なった書の底から発掘する。

(写真 CX2)

|

« 「それでは、この像はいったい誰だろう?」 | トップページ | 「碁石金、三すくい…」 »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「それでは、この像はいったい誰だろう?」 | トップページ | 「碁石金、三すくい…」 »