« 右も左も真っ暗闇… | トップページ | 「幽霊と語る」 »

2010年3月 7日 (日)

猫も杓子も…

日本橋の三越ギャラリーは百貨店のカードでフリーで入場出来る。

年に何回か観にいく展覧会もあるし、重宝ではある。

(百貨店本来の良さとは、こんなところにあるのだろう)

今日は、普段はあまり観ない写真展を覘いてみた。

「ねこ 岩合光昭写真展」(~3/15)

老若男女、かなりの動員力でごった返していたので、

ざっと回る程度で、会場を後にする。

猫がどうこうというより、

撮影場所が、ギリシャのサントリーニ島だったり、

紀州・根来寺だったりする面白さか。

猫の居る風景の粋を楽しむ感じなのだなと思う。

(地名の力、キャプションの助けを必要とするが…)

まぁ、地球上のあらゆる都市や、その路地裏で、

彼らと遭遇する機会があるわけだから、

うまい具合に、さりげなく登場してもうらのがいい。

もちろん、最近の猫も杓子も猫写真というのはお疲れさんだ。

………………

BSで写真家・高梨豊氏が新宿を撮り歩く番組を視る。

氏は、都市を肩越しに覘き見るような、

路線バスからの視点を75歳の老人のものと語るけど、

なんの、この頃の若い人より、ずっと若さを感じてしまう。

B10030602

(写真 CX2)

|

« 右も左も真っ暗闇… | トップページ | 「幽霊と語る」 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 右も左も真っ暗闇… | トップページ | 「幽霊と語る」 »