« 岡本太郎の眼 | トップページ | 180億円也… »

2010年4月12日 (月)

王子にて

B10041101

B10041102

王子、飛鳥山公園内の渋沢史料館にて、

「企画展 渋沢栄一とアルベール・カーン」

~日仏実業家交流の軌跡~(~5/5)を観てきた。

アルベール・カーンの業績については、

「100年前の映像史料を読み解く」(2008.7/22)

「フレームから外されたもの」(2008.7/23)参照。

今年は渋沢栄一生誕170周年、同時に、

アルベール・カーンも生誕150周年ということで、

日仏で記念展が企画されているが、これは日本側のもの。

渋沢とカーンの交流はビジネスはもとより、

広く学術文化に及んでおり、

その中で、カーンのライフワークである「地球映像資料館」が、

極めて重要な役割を果たしている。

展示では、その貴重な映像と書簡で二人の交流を辿っていく。

映像史料のほかに、フランスのアルベール・カーン博物館から、

4.5x10.5㎝ガラス乾板の原版や、

実際に使用したカメラ、レンズ、三脚、

ルイヴィトン製特注専用カメラケースなどの出品もある。

………………

今朝、筆者の数少ない愛読作家、井上ひさし氏死去の報あり。

かねて闘病中とは聞いていたが、哀惜の極み也。

この損失、今の文学、演劇界にとって大き過ぎる。

(写真 CX2)

|

« 岡本太郎の眼 | トップページ | 180億円也… »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めまして、横浜市栄区にありますあーすぷらざと申します。

この度、アルベール・カーンの写真展を開催する運びとなりました。

写真展以外にも、講演・映画上映等の関連イベントも用意しております。

お近くにいらっしゃる機会がございましたらお立ち寄りいただければ幸いです。

関連HP:http://www.k-i-a.or.jp/plaza/project_exhibits/exhibits_kahn.html

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: あーすぷらざ(地球市民かながわプラザ) | 2011年1月 8日 (土) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡本太郎の眼 | トップページ | 180億円也… »