« 日々の写真 5/4 | トップページ | 「悪役」に理あり »

2010年5月 6日 (木)

展覧会二つ

B10050501

B10050502

ツバメの飛翔を見る。

虫も飛び出すだろうから、そろそろ蚊取りを用意しよう。

…………

昨日の東博「新指定国宝・重文特集陳列」

今年の国宝指定は伊能忠敬関係資料と、

天平期の越中射水郡鳴戸村墾田図の二点。

印象に残ったのは、重文指定の、

山口・赤間関・高洲家伝来の、室町末期に日明貿易で使用した、

貿易船旗(麻布製、高洲家の家紋と明側の約定墨書あり)と、

八瀬童子関係資料(特権を認められた薄墨紙の綸旨)

以上全て、古文書・歴史資料部門からだった。

これは最近の傾向と思われる。

…………

今日は六本木AXISギャラリーの、

「ゼラチンシルバーセッション写真展」を観る。

有名作家と、いくつか興味ある人の出品あるも、

何故か全体的にエキサイトするもの少なし。

銀塩フィルムだからというだけでは、もう通用しないだろう。

大したことのない作家が最期に逃げ込む「砦」になってはしないか。

写真という表現活動が、

写真で始まり、写真で終るのでは当たり前過ぎる。

作品上で、写真以前の、表現者自身の人間の内容、

(思想、価値観、美意識…諸々すべて)が露わにされ、

それが問われているような気がしてきた。

(写真 CX2)

|

« 日々の写真 5/4 | トップページ | 「悪役」に理あり »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々の写真 5/4 | トップページ | 「悪役」に理あり »